アルガトリウムの美白効果が注目


アルガトリウムのイメージ

美白効果にサプリメントや化粧品が新商品を発売

アルガトリウム

アルガトリウムの美白効果が注目

このアルガトリウムとは美白素材としてスペインをはじめヨーロッパ全土に人気が上昇している。

■アルガトリウムはビタミンCより強力な抗酸化力

スペインの厚生省では既に「特別医療用食品」として認められている。

アルガトリウムには、高い抗酸化力が認められている。

紫外線やストレスなどによって人間の内部に溜まっている活性酸素からアルガトリウムは防御する力が非常に強いという。

また、アルガトリウムにはマグロに含まれているDHA中の『活性型DHA』と呼ばれる成分が豊富に含まれていると東京海洋大学の矢澤一良特任教授は云う。

このDHAの効力として抗酸化力を増強することで、魚油やほかのDHA、さらにビタミンCなどの抗酸化剤と比べて、活性酸素によるダメージから細胞や

DNAを守る力が強力である。

また、グルタチオンという細胞に含まれる抗酸化成分を増やす作用があること。

グルタチオンは通常、年齢とともに失われていくものですが、アルガトリウムを加えることにより、細胞でのグルタチオンの生成量が約300%もアップします。

 

  ↓ ↓ ↓ アルガトリウムを使用してみる ↓ ↓ ↓

 

摂取のタイミングは食後が効果的。

「アルガトリウムは脂との相性がよいので、継続的に摂取することで抗酸化力が向上します。」(矢澤特任教授)

札幌皮膚科クリニックの根本治院長は、アルガトリウムの美白効果の実験を行なった。

実験内容は20~60代の健康な女性を2グループに分け、一方はアルガトリウム500mgとコラーゲンペプチド500mgを組み合わせた食品を、毎日夕食後に摂取。

摂取した人と、そうでない人の肌の明るさなどを比較するというもの。

「専門医の目から見ても、アルガトリウム含有食品をとった人の肌は2週目以降から、徐々に明るくなってくるのがわかりました。

また、実験に協力してくれた人への聞き取り調査でも、『シミが改善された』『ハリやうるおいがアップした』という声が聞かれました」(根本院長)

美白効果については、動物実験も行っており、色素沈着が抑えられることが証明されている。

摂取によって生成されるグルタチオンは、日本では医薬品として認可されています。

しかし、アルガトリウム自体はサプリメントを使用して、自分の力で体内のグルタチオンを増やして肌質を改善するということになります。

女性が気にする肌トラブルの1位はシミです。近頃は男性でもシミを気にする人も増えています。

アルガトリウムの効力はDHAだけでない。

EPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)のオメガ3脂肪酸も豊富に含んでおり、ヨーロッパではすでにサプリメントやドリンク、化粧品、医薬品などに広く活用しています。

美容やアンチエイジング目的は勿論の事、アトピー性皮 膚炎や乾癬(慢性皮膚炎)、近視やドライアイ、メタボ対策、がん治療にも利用され、多方面に期待がよせられている。

日本では、今年2月27日に 明治から、アルガトリウム500mgに、コラーゲンやL-シスチン、ビタミンCなどを加えたサプリメント

『アミノコラーゲン ボーテ ホワイト 白艶(つや)カプセル』84粒 2,980円が発売され人気が出ている。

 

日経MJで紹介されましたアルガトリウム商品

平成24年4月16日(月)の日経MJにてアルガトリウムの商品が美白効果として注目されており、その商品の一例として生活創造舎のPice(ピセ)が紹介されました。

詳 細:プラセンタ美容液Pice

pice日経MJ

すらっと宣言